So-net無料ブログ作成
検索選択

肥満はメタボリックだから [メタボリック]



遺伝性肥満(先天的)、視床下部性肥満、薬物による肥満などがあります。 近年、レプチン、PAI-1(パイワン)、アディポネクチンなど脂肪細胞から分泌される物質が明らかになっています。 これらが直接、肥満合併症に関連があるといわれています。 レプチンは食欲を抑えるホルモンで、 肥満している人はこのホルモンがうまく働かなくなっていると考えられています。 またアディポネクチンはメタボリックシンドローム肥満で減少し、 冠動脈疾患で減少することが明らかになっています。 肥満と密接に関係がある「メタボリックシンドローム」の診断基準が定められています。

だから脱出しましょう・・・!

メタボリックシンドロームの教科書とその対応
メタボリックシンドロームBLOODCOM
メタボリックシンドローム健康生活COM
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(7) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 7

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。